Tele(谷口喜多朗)の身長、年齢、誕生日などwiki的な情報や花瓶など人気曲

TikTok,Z世代

2023年1月に、Spotifyが、今年躍進を期待する次世代アーティストとして、

「RADAR : Early Noise 2023」で、新進気鋭のアーティスト10組のひとりに選ばれた「Tele(テレ)」。

若い世代でこれからの活躍が期待できるってことですね。

そんな人の楽曲を聞きたい、と思って行き着きました。

「Tele(テレ)」は、何歳なのでしょう。

そして、どんなアーティストなのでしょう。

それでは、メンバーやプロフィールを見てみましょう!


Teleって谷口喜多朗のこと?身長、誕生日、読み方は?何歳?事務所は?

まずは、「Tele」と書いて、「テレ」と読みます。

かつて、シンガーソングライターとして活動していた「谷口喜多朗」が、ソロプロジェクトとして、「Tele」と名乗り、音楽活動をしています。

Teleさんについては、詳しいプロフィールはまだ明かされていないようです。

身長は、そんなに低くもないようだけど、高めでもなさそう、ということしかわからないですね。

その年齢なのですが、おそらく、として、2000年生まれとの情報が。

23歳ですね!

2023年10月に、翌年2024年の誕生日、6月1日に、初の武道館公演開催が決まった、と発表されましたね。

誕生日が、6月1日、というのが判明。

生年月日は、2000年(平成12年)6月1日

なお、所属事務所は、総合芸能事務所、「アマックスミュージック」です。

今の次世代アーティストと呼ばれる方たち。

snsなどに直接それぞれの音楽をリリースし、作品が先に話題になりますが・・・。

プロフィール情報が明らかになるのがなかなか、なことが多いようです。

また、追ってわかってきたことは、追記したいと思います。


Teleのメンバーは?

Teleというのは、前述しましたように、谷口喜多朗さんのソロプロジェクトなのです。

2022年に、「RUSH BALL」に初登場したときの、バンドメンバーは、

奥野 大樹(キーボード)  力毅(ギター)  森 夏彦(ベース)

森 瑞希(ドラム) の面々です。

こちらのメンバーは、それぞれ、いろいろな音楽シーンで活躍されている方たちですね。

当時のステージでは、オーディエンスとの一体感が感じられ、素晴らしいステージだったようです。


Teleの人気曲は何かな?

まずは、2022年4月に発表された、「花瓶」。

Spotifyの人気プレイリスト「Tokyo Super Hits!」に選曲された曲です。

軽快なリズムで、明るい雰囲気。

歌詞は、自虐気味で、皮肉っぽいのですが、全体的に明るい!

ラップ調な部分もあって、何だか何回もリプレイしたくなります。

小説家の、住野 よるさんが、この歌の大ファンなんですって。

2022年の5月のご自分のブログに紹介されていました。

そして、「ロックスター」。

こちらも軽快なリズム、高音ののびやかさが、爽やかです。

それに、歌詞がとってもいいです。

おまえはさ 誰かにとって奇跡なんだって

というところ、また、人の孤独な感情に、そっと寄り添うような感じが、いいですね。

次に「Veranda」。爽やかな風のような心地よさを感じる歌です。

聞いているだけだと、男声か?女声か?分からない優しい高音の歌声です。

 

そして、2023年に発表された、「鯨の子」。

上記の曲よりゆっくりめのリズム。

寄り添うような、開き直っているような、でもゆっくりと励ましてくれているような、歌詞。

暖かな温もりを感じつつ、力強くもある、素敵なうたです。

 

Teleさんの曲は、ミュージックビデオで視聴するのが楽しいです!

外国人モデルたちと、Teleさんご自身とのダンスやドラマチックな映像が楽しいですよ。

私が、Teleさんを調べて見よう、と思ったのは、たまたまミュージックビデオを見る機会があったからで。

本人も登場していて、普通のようで普通でもない、気になる歌声。

若い、そしてミュージシャンとしての情報もよくわからない人のことを気になった、親世代、いや、それ以上?かもなんですが。

音楽は、年齢、時を越えるもので、この人、もっと世に出てほしいな、と思うのです。


Teleの2023年ライブ、ワンマンライブ情報

2023年は、5月から、10月まで、北は札幌、そして福岡でライブを行なったTeleさん。

そして、2024年は、誕生日である、6月1日に、日本武道館で、ワンマンライブの開催が決まっています!

6月1日、と言えば、初のアルバム「NEW BORN GHOST」がリリースされた日でもあります。

ライブのタイトルは、まだ決まっていませんが、わかったら、追記します。



 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました